<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

MENU BROUGOGNE

大嫌いな夏がやってきました。
昔は好きだったけど。。。
暑かったんで、ビールをキンキンに冷やしておいてと頼んでました(笑)
e0069902_1104149.jpg

でも、このビール味濃いんですよねー。

ヨシ、ビールサーバーをラ・シームに設置する会を発足しよう!(笑)
ミナミさんとこも置きたいなあ(笑)

Gougere
Creme de petit pois a la moutarde
Claquebitou
Croustillant de lard fume
e0069902_1105319.jpg

イキナリ、飛ばすではないか!


Jambon persille eparpille
e0069902_1111475.jpg

解体しただけでは無い美味しさ。


ヴァン・ブロンはマニャンのムルソー。
イマドキのミネラル感のあるムルソーです。


veloute froid aux lentilles vertes
glace aux champignons
e0069902_111344.jpg

これはまあ彼にしては普通かも。

Anguille grille
parfume au vin de Bourgogne Aligote
e0069902_1115995.jpg

得意のカリッとコンガリ焼き!
甘めのソースがツボ。
アリゴテはわかんない。

Bouf Bourguignon
e0069902_1121349.jpg

カタツムリの中にお肉が入ってます。
ちょうど良い肉量だ。
ソースうまい!まさに”食べるソース”だ!
素晴らしい。。。


赤ワインは、マニャンのジュブレイ・シャンベルタン。
ケヴィン、マニャン好きだね。

比較に、ボルドーの95?クリュ・ブルジョワ何やったけ??

Cote de Veau
e0069902_114157.jpg

これはムニュ外です。
ランブロワジーと双璧、いや、今回のランブロワジーのヴォーであれば、ラ・シームに軍配!

Avant desert
e0069902_1125131.jpg



Pain d'epices taoste aux fraises
Mousse au fromage aux cassis
glace au Marc de Bourgogne
e0069902_113257.jpg

おそらく今年最高のデセール!
何と言う構造!
この構成力は天才?


Cafe glacé
Macarons aux cassis
croquet aux amandes

e0069902_1132659.jpg

レイコー、良いね!

今回のブルゴーニュ、完成度高いです!
パリから帰ったばかりでしたが、コレ食べたらパリ行かんでええかもとふと思ってしまった。
それくらい良かった。

まだの方是非行くべし!
[PR]
by lamplus | 2011-07-10 09:03 | La Cime

Jean-François Piège

さあ、最終日です。

午前中は、Hクンがブツを持ってきてくれて、みんなでカフェへ。
いろんなフランスの話、食べ物の話面白かった。
お別れに、R子ちゃん恒例のビズ(笑)
e0069902_9424888.jpg

Hクン、頑張ってね!
そしてまた食べに行きます、リベンジに!(笑)

仕事のメールで昼間はその対応。。。
みんなはクリニャンクールへ。
ちょっと時間有ったんで気分転換に散歩してたら、サンシュルピス教会の前で蚤の市やってました。
こういう情報、行く前に欲しかったなあ。

エルメのゴーフルはイマイチでした。
祝日なので店休みのところ多い。

お昼は、ビスケットだけ。
夜は楽しみにしていたピエージュ!ですから。


ピエージュの逆襲。
2005年、2006年と彼の絶頂期に訪問し度肝抜かれまくりな料理に魅了され、
クリヨンで三つ星に手が届きそうなところで、ヤニック・アレノにかっさられ、その後クリヨン放出。すっかり激痩になってタレント業にいそしみ、二年前くらい?かホテル王コストとタッグを組み、まずはブラッスリーをオープン(これは興味無かったなあ)。これだけで済むオトコでは無いことは明白、昨年その上階に、ガストロノミーなレストランをオープン、いきなり二つ星で再浮上!
このときを待ってましたよ!

キターッ!!
e0069902_2121919.jpg

どうやって痩せたんやろ。。。


いつもお世話になってる(もう長い付き合いになりましたね)Kファミリーがホテルまで会いに来てくれた。Kクンますますカワイイ、お辞儀のポーズがもうキュート!食べちゃいたい!

さ、いよいよJFPへ!!
(奥さん、ゴメンね、行けなくて。。。)

サン・ドミニク通り、ホテルから割と近いんだけど歩くと遠いしタクシーで行ったら、一通のせいかけっこう大回りでした。

トゥミューの上階。
ビストロ横の階段を上がって、サルへ。
手前に小さなバーがあったけど機能してなかった。

噂に聞いていたとおり、サルって言うより応接間、サロンてな風情。
5人だったんで、丸テーブルのソファー席へ。
なんや詰めたらもう一人くらい座れるやん!

びっくりなのが、ミニスカ♡のオネーチャンがサービスしてくれるんです!
目のやり場に困ります(笑)写真撮りたかったけど恥ずかしくて無理。
誰か撮ってる?
オトコはシャツ+大きな蝶ネクタイにGパン。こちらもクール!


北欧の次はミニスカ来ますよ!(笑)


さて、アミューズ。
e0069902_21191095.jpg

Amuze bien!
ピエージュやるねー!(厨房にはおらんやろけど)

カルト
e0069902_2119406.jpg

何皿にするかと食材を決めます。で、希望があればどんどん言ってくれってことらしい。(Kクン通訳)こんなシステム初めて!楽しいね。
コジャレまくったカルトは封筒に入れてお持ち帰りできます。(どっかで無くした!!)


オマール
e0069902_2120591.jpg

文句なしっしょ!
スープのコク、塩、決まってますし、オマールの質、火入れ、フォアグラのアクセント。

パクチー効かせてエスニック。


リ・ドゥ・ヴォー
e0069902_21202380.jpg

ソースもうちょい欲しいね。
パクチー連発はNGでしょ。
でも、さすがな皿ではあります。

この時期旬なジロールの小さいのは別皿で。
(こういうリクエストも聞いてくれる)


e0069902_21205259.jpg


今までに無い新しいスタイルの提供。
リベルテ。
ピエージュ、やりよったなってかんじ。ブラヴォー!
誰もやってないことするっていうの好みです。
このスタイルに二つ星を付けるミシュランにもブラヴォーですが、こういう基準はグローバルに展開してもらいたいものです。


あ、みなさん、シャンパンゴチになりましたー!
美味しかったです。
(しっかし今回の旅で何種類のシャンパン飲んだんだろ。。。)


それと、偶然お会いしました某シェフ、今度また必ず行きますね!!



以上で今回のバカンスは終了。
同行してくれたみなさん、お世話になりましたパリのみなさん、良い旅を有り難うございました。

来年の計画をまたボチボチと妄想立てしよう。
スペイン?イタリア????北欧はええかなあ。。。NY行きたいなあ。あ、香港も(笑)
[PR]
by lamplus | 2011-07-09 10:43 | Jean-François Piège

Hubert Dauvergne à Bouzy

最後の生産者訪問は、ブジー村のユベール・ドーベルニュ。
花柄ボトルで有名ですね。
シャンブル・ドットをチェックアウトし、またまた旦那さんに車で送ってもらいました。
感謝。

こじんまり系でいかにもRMってかんじです。
e0069902_2143975.jpg

旦那さんも一杯テイスティング(笑)
そりゃ狭い村ですから知り合いです。
e0069902_2164599.jpg


キリッとjustな温度に冷えたところがちょっと嬉しかったりする。朝だしね。
爺ちゃんところのクーラーボックスも冷却機能が欲しいなあと妄想(笑)
ここのシャンパーニュはとても清楚で実直な印象は当主と良く似ている気がする。
彼はとても優しくて、笑顔を絶やさず英語はあんまりだけど一生懸命伝えようとしてくれる。
e0069902_2171164.jpg

子供チョロチョロ、カワイイなあ!!

カーヴも案内してもらった。
ゴンドラのようなリフトで一気に地下へ。
どこのカーヴに行っても迷路みたいできっと一人では帰れない(笑)
e0069902_217269.jpg

お昼はレストランを予約していた。
けっこう離れたコート・デ・ブランの村まで奥さんが車で送っていってくれた。
奥さんも喋るといい人だったなあ。
感謝!

世の中にここより美味しいシャンパーニュは幾らでもあるけど、ボクは彼のシャンパーニュを見つけたら積極的に飲みたいと思う。彼や奥さんの優しさを思い浮かべながら飲むことの楽しさが待ってるからだ。
(もちろん、今回訪れた他のドメーヌもね!)

昼のレストランは料理はまあまあだったけど、あの空間は想像を超えていた!
よくぞまあこんなところに!
また、ここの方達も優しいし。
シェフ自ら、エペルネの駅まで車で送っていってくれた!今回は移動がネックだなあと思っていたけど、生産者の方々、シャンブルドットの旦那さんのご好意に助けられた。


今回のシャンパーニュ紀行、シャンパーニュの味わいも格別だったけど、それよりも出会った人々の人情、優しさに心打たれた。ええ人ばっかり。
ゴージャスなシャンパーニュは日本でもお金を出せば買えるけど、こんな経験はプライスレス(VISAカードのCMに使ってくんないかな(笑)
楽しかった反面、慣れないフランス語との格闘のせいか、帰りのTERでは疲れがどっと出ました。
とにかく、全てうまく行って良かった。
なんとなく聞き取りはちょっとだけ上達したように思えたけど、話すのがアカンなあ。。。進歩していないと思う。特にワインの専門用語はもっと勉強してくりゃ良かった。
R子ちゃん、頑張ってよー。

夕方、パリのホテルに帰ってノリと2人でカップラーメン。
貰った湯は推定85℃。。。微妙だけどまあええかな温度。
ノリはUFOを食べ、なんと捨て湯をどん兵衛天ぷら蕎麦に投入!
しかし、湯の温度下がるは、湯量は少ないはエライことに、、、そこで打って出た策は。。。
風呂の湯をMAXで投入すること!
なんとか食べれたらしい(笑)

マダム2人は出かけて行った(笑)
帰って来たの2時やっけ?タフやわ。。。

いよいよ明日は最終日。
[PR]
by lamplus | 2011-07-07 20:38 | Visit Champagne

BERNARD TORNAY à Bouzy

シャンブル・ドットの旦那さんが、トルネーで働いてはって、見学連れてってあげるよって
ことで、ちょうどニッチな時間に連れてってもらった。

けっこう大きめなメゾンです。
サロンも現代風。
味は大手な造りでこれはこれで美味しいと思う。
それに安いしね!

マダムが案内してくれました。
e0069902_15403254.jpg

広かったなあ。
でも調べてみると、RMなんですね、あの規模で。



さて、夜はアンボネイとブジー両村で唯一のレストランへ!!!
アンボネイにあるオーベルジュサンヴァンサンてとこ。

マダム二人はリュード村のフェットに出かけたんで、ノリとサシでメシヨル!

ブジーからてくてく歩いて行きました。
地図ではまあ楽勝かと思ったけど、けっこう遠かった。

田舎やからさぞオーソドックスなオカンの味みたいなのが食べれるんだろうなあ。とか、田舎のレストランこそお宝ワインが残ってるんだよ、とか言いながら。。。

入った瞬間、微かにヤバイと思った感は大当たり。。。。
話したく無いくらいゲキマズでした。ちーん。
プレッションは美味しかったよ(笑)
帰国後ネットで絶賛記事有ったんですけどね、、、東京のワインショップやからなあ。
ワインはわかるけど料理は???の典型的か。
写真なんぞ撮る気にもならん。
1時間かからずに退店。
絶対行かないでください!!!
ブジーに総菜兼パン兼デザート屋さんありますから、そこでテイクアウトして、シャンブル・ドットで酒盛り、そうすりゃ良かったなあ。

代わりにブジーとアンボネイの間の葡萄畑をどうぞ。
e0069902_15435871.jpg

夕焼けキレイ!
e0069902_1544927.jpg

[PR]
by lamplus | 2011-07-05 20:53 | Visit Champagne

ANDRE BEAUFORT, AMBONNAY

まさかの再び訪問(笑)

これも何かの縁ですなあ。
e0069902_7194867.jpg


爺ちゃん、この日もトレードマークのチェック柄シャツ。
しかも第一ボタンをきっちりとめて!(c'est tres important!)
e0069902_8325359.jpg

前回訪問時も、昔のワイナートでももちろんこのスタイル。
こういう一途なところ、大好きです!!!

さ、テイスティング開始です。
e0069902_8322068.jpg

この前と同じく、全く冷却されていないクーラーボックスからボトルを取り出します(笑)

そして、ちょくちょく、新しいのは別のセラーから持ってきてくれます。
いい人だ。

ちょっとずつだけどこんだけ飲んだら酔います。
e0069902_14141449.jpg

もう何が何だかわからん状態(笑)
ですが、やはり甘い系がウマイんですよ。

しかし、このドゥー!!!
e0069902_1416382.jpg

これはトリハダもの!
まるで古いソーテルヌの泡!
ドサージュ45g/Lですから、相当なもんですが、ムーを使ってるんで馴染みが良いんでしょうか。
I wanna doux!


畑も見せてもらうことに。
e0069902_14172445.jpg

お爺ちゃんの運転で。
グランクリュ100%
e0069902_14175215.jpg

ふっかふかの土!!
隣の区画とは雲泥の差。

何だかやっぱり、このように歓迎してもらうと美味しく感じるもんだし、日本でも見つけたら
飲みたいって思うもんです。
人が作るものですから、背景や心意気はとても重要。
美味しく楽しく飲んでねという想いが伝わるのはとても嬉しい。


もちろん、R子ちゃんはモンパパ認定!
最後にぶちゅーっとホッペにキス(ちゅー映像はFBにて)


また来たいなと思った!!
もっと喋れたらもっと楽しいだろうなあ。
半分くらいしかわからん。
勉強しよう。
[PR]
by lamplus | 2011-07-04 20:21 | Visit Champagne

Chambres d'hôte " La Pélerine"

ベレッシュの後、ブジー村のシャンブル・ドットへ。
この夜は一人で宿泊。
シャンブル・ドットは初体験、ちょっとドキドキで訪問です。
奥さんが出迎えてくれました。
良い人で良かった、ホッ。
しばし、拙い仏語で歓談、お土産渡す。
日本人は二組目だそうです。(イチバンになりたかった(笑)


e0069902_18232749.jpg

44ユーロ/部屋で朝食付き。
さすが田舎プライス!
普通に綺麗で、まさに人の家のゲストルームって感じですかね。
シャンプーなんかはスーパーで売ってるやつだしね。
もちろん使いさし。


晩ご飯は、
e0069902_18233710.jpg

連日レストランではたまには休憩が必要。

そうそう、共同キッチンがありました。


e0069902_18234556.jpg

おやすみなさい。

朝ご飯はシンプルだけど美味しいの!
クロワッサンはシナっとしてるけど、それがまた良いんですよね、フランスっぽくて。
日本のはパリパリ過ぎますでしょ。

ここの旦那さんもいい人だったなあ。
どこそこの生産者行くって言ったら、マイケルジャクソンのBGMで車で送ってくれたし。



ブジー、アンボネイで泊まるならオススメです!(って誰も来ないよな(笑)




Chambres d'hôte " la pélerine"
13 rue Gambetta
51150, bouzy
http://www.pelerine.fr/
[PR]
by lamplus | 2011-07-03 09:36 | Visit Champagne

BERECHE 

après le déjeuner,

ランスからタクで20分ほど。
e0069902_13104779.jpg

リュード村にあります。

とってもサンパなラファエルくんが案内してくれました。
葡萄畑
e0069902_13112923.jpg


打栓機
e0069902_13115299.jpg


オリオリ
e0069902_13122998.jpg


試飲室
e0069902_13124619.jpg


ラファエルくん
e0069902_13131577.jpg

とっても良い子でこの子が作るなら!と思ってしまう。
実際に美味しいですし。
正統派RM、ミネラル豊かでスムース。

e0069902_13133664.jpg


この後、ここで働いてる方が辞めるということで送別会。
盛り上がりました!
[PR]
by lamplus | 2011-07-03 06:28 | Visit Champagne

L'EPICERIE AU BON MANGER à Reims

早起きしてランスへ出発!
シャンパーニュ、行くっぞーーーーー!!!
e0069902_9384519.jpg

泡に飲まれてまみれに。
TGVは45分だけど一等車にしました。
早割は二等とほぼ値段変わらずです。


ちょっと時間有ったんで、大聖堂見学(この旅唯一の観光スポット(笑)
e0069902_9335098.jpg

だいぶ前に来たときは夕方でしまってたんです。
シャガールに会える!
e0069902_934512.jpg

e0069902_935714.jpg

サスガっす。

あれ、ノリおらんやん、と思ったらシャンパンショップに居た(笑)


某泡酒生産者にてたらふくゴチになる。
e0069902_9415791.jpg

良い人でしたね。

メシヒルはその良い人に教えてもらったお店です。
パリのサチュルヌ(今回行きたいリストに入れてた!)がオススメだとか、この生産者さん、結構詳しかった!

Au Bon Manger
えっ、レストランじゃなくてエピスリでイートインスペースあるだけやん。。。
しかも、席無いやん、と思ってたら大テーブルのムッシュー二人組が相席OKしてくれた。
ここから、R子劇場が開幕します(笑)

ボクがトイレに入ってるときから、既に大きな笑い声が聞こえてきて、出て行くと。。。
わっちゃー、、、ものの2分の間に相席のオッサンからキャビア貰ってるし(笑)
e0069902_9274415.jpg


オッサン1はランスの初老ドクター、オッサン2は同い年くらいかなあ、眉毛のつながった
ジョージ・クルーニー似で空手、沖縄好き。彼らはこの店の常連さんでワインとキャビアで贅沢なランチ中でした。
e0069902_955166.jpg


ドクターモンパパ(笑)
e0069902_7112122.jpg


R子ちゃん、完全に場を掌握しております。。。
巻き込む巻き込む、これはもう持って生まれたもんでしょうなあ。

もう最後はドンチャン騒ぎ(笑)
店のオーナーもノリノリで大合唱。「オオカッーー、オッキナワー!!!」



(その他の模様はfacebookで公開!)

さて、このお店、よーく見てみるとボルディエのバターやロランジェの香辛料などなど
フランス各地からええもん集めてはります。
e0069902_9501677.jpg

ショーケースの中にも旨そうな総菜がいろいろと。
適当に、パテやらテリーヌを食べましたが美味!
下手なビストロに行くよりよっぽど美味しくて安い。

e0069902_9481793.jpg


ランスでオススメの一軒です!!


http://epicerie.blog.lemonde.fr/


ランス、ランス、ランス!
[PR]
by lamplus | 2011-07-02 09:59 | Au Bon Manger


http://lambroisieplus.wordpress.com/


by lamplus

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
フランスのレストラン目次
2005らんぶろ読者大賞
Musique
らんぶろ雑記
3ETOILES
ラ・ギャロワーズ
トォルトゥーガ
豪火
千成寿司
弘屋
トゥー・ル・モンド
なかひがし 2006
しき浪
蕎麦
天笑
ヴァリエ
ヴレ・ド・ヴレ
千ひろ
甘いもん
アバッキオ
サクラ 
一碗水 2007,2006
Bistro à Vin DAIGAKU
hôtel de Yoshino
PONTE VECCHIO
凡愚
エッソンス・エ・グー
AIDA
ピリエ
空心
山の上ホテル 天ぷら
與兵衛
かんだ やぶそば
コート・ドール
あら輝
Fujiya 1935
たかま
プチレストラン ないとう
Le Meurice
L'Ambroisie
LA FERRANDAISE
らんぶろ雑記 パリ

pain de sucre
Pierre Emile
Les Ambassadeurs  
Au Riad 27
MARCHE RASPAIL
Le Sucré-Coeur
太庵
Le Film
故宮
上賀茂 秋山
コラボ・ジェロ
天邑
Perouges
カスダール・クレメ
美山荘
Eric Briffard
はつだ
Convivialité
CIRO
今井
Evantail
チェレット来日ディナー
彩菜
大西亭
もりやま屋
オルフェ
KALUTARA
あやむ屋
尽誠
レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ
カンテサンス
料理屋 こだま
しみづ
蔦屋
Patisserie Ryoco
カシミール
wasabi
なかじん
き川 法善寺横町
桜会
洋食 Fujiya
日出鮨
なにわや
Arpege
らんぶろ雑記 2007
Michel Rostang
L'As du Fallafel
Auberge de l'Ile
Le Nord
Jean-Paul Hévin
Michel Del Burgo
LADUREE
藤久
和久傳 弁当
なかひがし 2007
ガニェ・パン
オステリア・オ・ジラソーレ
restaurant Mitsuyama
ルール・ブルー
ワイン
L'API
鮨ろく
ALBALONGA
Cros-Parantoux
Hiramatsu Paris
あい田
Le Comptoir
L' Angle du Faubourg
Pho 14
Maisons de Bricourt
Chez L'Ami Jean
Les Deux Magots
室町 和久傳
CANOVIANO ANNEX
このは
CHIMERA
別館牡丹園 EST店
玄斎
洋食 Katsui
エテルニテ
AUX BACCHANALES
そっ啄 つか本
Côte des Blancs
kamoshiya kusumoto
Le Pont de Ciel
コッコラーレ ウェスティン淡路
TéTé
鮨かねさか
PIERRE GAGNAIRE
LAUBURU
御田町 桃の木
Le Caneton
quai montebello
懐食 清水
Maison de Gill
besançon
BOCCIO
2007らんぶろ読者大賞
福臨門
なかひがし 2008
らんぶろ雑記 2008
ラ・バッロッタ
祇園 さヽ木 
一碗水 2008
日本酒
讃州 SANSHU
老饕(ラオタオ)
皐月庵
小豆家 うさぎ亭
四川
Le Chateaubriand
Chez Michel
2008フラスペ雑記
Mugaritz
Bar Nagusia Lau
Bar Jatexea Taberna
Bar A Fuego Negro
Hajime
Bar Bergara
Bar Egosari
Bar Casa Tiburcio
Akelare
Bar La Vina
Bar Mugi
Bar Bitoque
ETXEBARRI
Michel Bras Laguiole
Gilles Verot
嘉瑞
泡道場
Le Bois
Metzgerei Kusuda
Wine shop FUJIMARU
天繁
Patous
お気に入りの居酒屋
桜蘭
ながほり
うずら屋
洋々閣 唐津
つく田 唐津
万魚 福岡
ゴヤクラ
ビストロ会
御影 ジュエンヌ
Nadja
グリル マルヨシ
BEAU PAYSAGE
Restaurant DIVA
朋友 雑穀食府
akordu
2008らんぶろ読者大賞
うまい屋
仙人小屋
XIV蓼科
菊寿し
味酒 かむなび
accueillir
Barbès
ポモドーロ・フレスカ
ブロードハースト
なかひがし 2009
シェ・ワダ リヴ・ゴーシュ
一碗水 2009
カドヤ食堂
ル・コントワー・ド・ブノワ
らんぶろ雑記 2009
Boulangerie TAKAGI
守破離
Le Nœud papillon
はり重
tre lumache
2009フラスペ雑記
Martin Berasategui
Bar GANBARA
Bar Martinez
la Regalade  
Beurre Noisette
Repaire de Cartouche
Passage 53
Sa.Qua.Na
Mitsuru KONISHI
Visit Champagne
La Briqueterie
ひらやま
羽山料理店
鮨 水谷
雷門 初小川
楽亭
一即夛
コロンビア8
souple
ミシュラン京都・大阪
祇園 川上
辛激屋
lumiere
ヴィネリア・リンコントロ
文目堂
鮨 まつもと
なかひがし 2010
らんぶろ雑記 2010
香桃
一碗水 2010
味吉兆 大丸心斎橋店
2010 コペパリ雑記
noma
Itinéraires
Hugo Desnoyer
Brasserie Café ONZE
Jacques Genin
なにわ翁
La Cime
Unisson des Coeurs
ローザネーラ
とりや、圓
じき 宮ざわ
本湖月
Rendez-Vous des amis
da Lupo 322
Ca Sento
ジェロボアム
溢彩流香
Taillevent
kotikaze
らんぶろ雑記2011
GG FARM
一碗水 2011
マツケン食堂
ほうば
なかひがし 2011
Nuda
2011 フラ雑記
Au Bon Manger
Jean-François Piège
La Fleur
イタリア地方料理研究会
LE CHAT NOIR
鮨 まつ本 苦楽園
大渡
なにわ翁
らんぶろ雑記 2012
宝石
一碗水 2012
なかひがし 2012
柏屋 嘉翆庵
豚玉
agapé substance
Les Crayères
LA TABLE D'AKI
フラ雑記 2012
Akrame
祇園 にしかわ
菱岩
パセミヤ
LE BON MARCHE
DAIGAKU(N)
らぁ麺 Cliff
宮本
飯田
お好み焼きプラック
SOMA
善道
カメキチ
青藍
ろあん松田
酒膳 ちろり
(食) ましか
山玄茶

以前の記事

2017年 07月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月

フォロー中のブログ

L'Ambroisieの日記
L'ambroisieの写真館

N'ayez pas peur,

Version Française


+++記事や写真の転載は基本歓迎、臨機応変に対応致しますので鍵米などでご一報くださいまし+++



悪意のコメントは消します。
相手するの面倒なので。
あしからず。


twitter



忍者ツールズ



検索

タグ

(5)
(2)
(1)
(1)

その他のジャンル

アクセス解析

システムソフトウェア

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧