<   2009年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Passage 53 イチオシです!

e0069902_20485060.jpg

アルページュ後の夜は、パッサージュ53。
パッサージュ・パノラマにある佐藤伸一さんがシェフを努めるお店。
どっかでお聞きしたことあるなあと思ったら、殿が大阪に呼んではったんすね。
呼んで欲しかったな(笑)
e0069902_20491144.jpg

ステキなパッサージュ。
時間が早かったので、クレマンをゴチになりました。

e0069902_20492794.jpg

近くには、ビオワインで有名なラシーヌ。
豚ちゃんのロゴは似たようなのをどっかで見たことある!
似すぎ(笑)

雰囲気よろしい地下のカーブで。
e0069902_20494265.jpg

とても暗くて撮影は困難極める。

アミューズ
e0069902_20501748.jpg

酸味が効いてたような。。。
記憶が。。。

ブルイイ
e0069902_16111547.jpg

まずまず。
この前に飲んだ白はバローのマコンだったか。。。
記憶が。。。

Tartare de veau aux huitres << Passage 53 >>
e0069902_20503320.jpg

これは、パリでミシュラン一つ星の和食屋、あい田さんのスペシャリテ。
もともとは佐藤さんが考案したものだとか。
日本人ならではホッとするワビサビ的ウマサ。
成牛では成り立たないマリアージュ。
写真イマイチでスンマソ。

1/2 Homard saisi, asperges vertes...
e0069902_20504624.jpg

素晴らしいです!!!
オマールは新鮮かつ絶妙な火入れ。(正直なところオマール単体ではランブロワジーのラビオリより美味しかった!)
野菜はアルページュの歯ごたえと甘みに勝るとも劣らない秀逸さ。
そして何より、このカリテで値段が22ユーロと言うのがさらにスゴイ!!

日本人って頑張ってる人は頑張ってるよなあと思う。
かなりレベルが高いし、洗練されていて素材のウマサ際だちます。
料理だけなら軽く星が付くと思う。
今回の旅行でイチバン驚きがあったし、今パリで行くべきお店としては、真っ先にこの店を推します!!
次回も必ず行きたいと思ってます。
良いお店を教えてくれたまたもやユカリンに感謝。

【chanson de jour】
Light My Fire - The Doors

火付いたわ。
[PR]
by lamplus | 2009-05-19 21:11 | Passage 53

L'Arpège 2009

ここんとこパリのレストラン選びは迷いが無く至ってシンプルに即決できる。
パラスも行きたい気持ちは少なからずあるけれど、ランブロワジーとアルページュは外せない。
この2店こそ日本で味わえない度数が高いからだ。

お昼のムニュ << Le Printemps des Jardins >>
野菜がメインのコースです。

Tarte au legume
e0069902_10325782.jpg

何故かお代わりを持ってきてくれた。
e0069902_1033415.jpg

これは別のやつ。

Fines ravioles potageres consomme vegetal
e0069902_10331344.jpg

野菜のヘルシーワンタンスープ(笑)

L'œuf a la coque
e0069902_10332154.jpg

相変わらず完成されてます。
洗練された甘み。
こぼさずに食べるのが至難の業。

いつものビルカール・サルモン。
e0069902_10332874.jpg

ワインリストは高いので見る気リアン。。。

Sushis legumiers a la moutarde d'Orleans onctueuse mesclun de Sylvain
e0069902_10333513.jpg

生春巻きの中は野菜、その上にアヴォカ、バルサミコ。
日本人的には微妙かなあ。
創作系要改良。

Blinis << gaufrette belle saison >> au sarrazin creme soufflee au Speck
e0069902_10334330.jpg

ションティイが美味でお菓子のよう。

Poireau << bleu de Solaize >> a l'huitre de l'archipel de Chausey vinaigre muscadet
e0069902_10334999.jpg

ポワローが主役。牡蠣は小さくアシェしてエキスに。
そんなに破壊力は無い。

Couleurs, saveur, parfum et desin du jardin cueillette ephemere
e0069902_10335777.jpg

ほっくりとした白パラ。
ほら、よくある水っぽいのとは別物。
これぞレストランの料理、素晴らしい!

Cabillaud confit au gros sel gris de Guerande epinards << imperial >>
e0069902_1034795.jpg

上質、日本人的ストライクゾーン。
これもレストランだなあと思わせる。

Robe des champs << Arlequin >> fleurie aux herbes fines ail nouvesu vigor, radis rubis, globe, fenouil doux de Florence...
e0069902_10341713.jpg

e0069902_10342649.jpg

アルページュ必食アイテム!
これを食べずにアルページュから帰れません(笑)
ムニュにつき小皿なのが残念、やはり大皿で頂きたい。

Salers 6 mois d'affinage ferme de Labouygues
e0069902_10343357.jpg

右の意味不明なくらい刑事いのがサレール。
e0069902_10344047.jpg

このサレールが旨かった!
固いのではコンテが最強と思ってたけど、こちらのほうが好きかもしれない。
さすがパッサール、フロマージュまでセンス良いですね。
ちなみに、後日マルシェで見つけて買ってはみたものの、酸っぱくて旨味少島で似て非なる物でした。。。

Tarte aux pommes Bouquet de Roses
e0069902_10345272.jpg

新作だそうですが、前回のスフレ、あるいはミルフォイユには2,3歩及ばない。
美味しいけど普通に思えてしまう。

Mignardises aux legumes
e0069902_103501.jpg

何が何だか忘れてしまいましたが

満足です。
ムニュは初めてでしたが、なかなかオトクですね。
でもやっぱり、アルルカンを大皿で腹いっぱい喰らいたい。
やはり大好きなレストランです。

おいっ、まかないかよ(笑)
e0069902_1035766.jpg

しかも、ドンペリ飲んではるし。。。
知人の話ではよくあるそうです。
でも、いつ見てもカッコええわ。
オレもサスペンダー買おかな(笑)

【chanson de jour】

Nothing's gonna change my world
良い台詞だ!
[PR]
by lamplus | 2009-05-18 23:41 | Arpege

L'AMBROISIE 2009

総本山へ。
サンポールからは土砂降り。。。
ランデヴーの時間は迫るし、これは前進有るのみ・・・
ハンケチが絞れるほど濡れましたよ。
e0069902_21382183.jpg

ひっそりと静かなヴォージュ広場は、ムッシュ・パコーの人柄と寄り添う。

Escalopines de saumon
e0069902_21383676.jpg

ここんとこ連続でこれです。
日本人にはこのアミューズとか決まりがあるのかな。

アペは、いつものロデレールをボトルで。
いつも通りフレッシュなキュベです。

2番テーブル
e0069902_21384611.jpg

初めて座ります。

suggestion du jour より、Ravioli homard et morille
e0069902_2138585.jpg
e0069902_2139845.jpg

ソースの崇高さはフランス料理の真髄、ラビオリ生地の滑らかさは至福。
オマールもふんだんに使われていています。
キュッと締まった筋肉質な身質は新鮮そのもの。
これぞ、パコー!
旬のモリーユも薫り高い。

赤はドゥミで面白いのがあったので。
1989 Mercurey "Clos des Barraults" Michel Juillot
この日は、ソムリエの爺が不在でした。。。
詰まった果実、まだまだ熟成途中で濃厚。
良いボトルでした。

Cote de veau double, coeurs de sucrine braises au jus, gnochi (2 pers.)
e0069902_2139163.jpg
e0069902_21392656.jpg
e0069902_21393630.jpg
e0069902_21394520.jpg

嗚呼、言葉になりません。。。
あまりにも美味すぎて一心不乱に喰らいついてたと思う。
これ以上の仔牛を食べたことがありません。
ニョッキがこれまた唸るほど美味い。

Grace au fraise
e0069902_21395425.jpg

素晴らしい。。。
自分史上完璧なイチゴアイスを頂きました。

Vacherin au moka et neringues perlees
e0069902_2140434.jpg

あまりにも調子が良いのでデセールをば。
でも、これは精巧さに欠けるかなあ。

e0069902_21401355.jpg

それにしても今回は溜息が出るほど素晴らしかった。。。
選んだ皿がフィットしたのもあるんだろうけど、何処にも無い料理
サービスもかなりのフィット感で快適極まりない。
これはフランス語が話せなくても何度も通った甲斐があったと思う。
『人』というキーワード、ムッシュパコーには一度しか会ったことないけど、サービス陣がカバーしてくれている。

パコーが辞めるという噂は結局ガセネタだったんでしょうか・・・
カルトには、Mathieu & Bernard PACAUDのサインが。
流行料理とは真逆、この料理はフランス国宝であり、継承していく価値と義務があると思うんだが。
ランブロワジーが消えたら、パリで何処のレストランへ行けば良いのか。。。

e0069902_21402298.jpg

来年も伝書鳩のようにきっちりとここへ戻ってくることでしょう。

【chanson de jour】

[PR]
by lamplus | 2009-05-14 21:01 | L'Ambroisie

Asador Etxebarri 2009

エチェバリのためにバスクに来た。
今回の旅の目的半分はエチェバリである。
仕込み万全のお土産を渡すのも楽しみにしていた。
昼食までの時間は何もすることが無く、何かの間違いで荷物が来ないか坂道を駆け上がる車を待ってるだけ・・・
e0069902_23454777.jpg

13時前、気を取り直して一番乗り。
1階のコントワーで準備できるまで少し待ってから2階のサルへ。

レノックス(スーシェフ)がテーブルまで来てくれた。
嬉しい再会!
ロストバゲージでお土産を渡せないことを詫びる。
料理はデギュスタシオンでお願いする。

チョリソー
e0069902_22394680.jpg

チョリソってそんなに好きでは無いですが、ここのは格別!

カヴァ
e0069902_910412.jpg

スペインで飲むカヴァはレベルが高いし安い。
20ユーロそこそこ。
抜栓してくれたマダム、勢いよく抜けてしぶき飛ぶほど思いっきり吹かしてました(笑)

牛と山羊のバターの燻製
e0069902_22412956.jpg

フュメっ!
当たり前ながらクリーミー。

パン
e0069902_8102999.jpg

ずっしりと重くモチッと味わい深いパン。
フランスのパンとは全く違いますが、塩味と甘みのコントラストが素晴らしい。

ガンバ
e0069902_811075.jpg

あっつ熱で前回よりも火が入ってるけど、これも極上な味わい。
e0069902_8112740.jpg

ミソも濃厚。
生臭くない、この鮮度はジャパンスタンダードと同一。

牡蠣とワカメ
e0069902_813156.jpg

繊細な火入れ。仄かに香るスモーク。

キャビア
e0069902_8133655.jpg

ねっとり。
言葉が出ない・・・
この世の物とは思えない。

エスパルデニャス プティポワ
e0069902_8141553.jpg

海鼠の筋肉。
豆もこの季節若くて美味しい!

豚の足の骨髄
e0069902_8143441.jpg

初食。
きっちりと料理。

白ワイン
e0069902_12331679.jpg

リストはよーわからんので一番上で。

卵の黄身、マッシュルーム、紫芋
e0069902_8144976.jpg

芋の甘さが際だつ。
卵は偉大だ。

たこ焼き
e0069902_815163.jpg


チピロン
e0069902_8152465.jpg


うなぎ
e0069902_8155038.jpg

刑事い!!
弾力筋肉質。
皮はちょっと固い。鰻は日本には敵うまい。

チュレタ
e0069902_816664.jpg

e0069902_8162516.jpg

世界一のステーキ。
赤身の旨さ。

サラダ
e0069902_8164394.jpg

このサラダが効く!

デザート
e0069902_8165818.jpg

スモークアイス健在。

パチャラン
e0069902_817950.jpg

前回のお気に入り。

2回目なので去年の衝撃は無いもののやはり何処にも無いエチェバリ料理。
素材の活かし方は日本料理に通じる繊細さ。
感動でした。

マダムにラディシオンを頼むと、要らないって。。。
!!そりゃ、ねーだろー。
たまらず、厨房突撃!
勝手に、勝手知ったる裏の勝手口から進入(笑)
シェフ、ヴィルトールも居たー(当たり前か)
e0069902_936598.jpg

散々、そりゃあ悪いから払おうとしたけどもちろんノンの一点張り。
大阪のおばはんよろしく無理矢理100ユーロ札をポケットにねじ込もうともしたんだが。。。
ああ、感謝。そう思うとお土産が渡せないのが悔しくて悔しくて。。。

e0069902_10564683.jpg

水槽では、うなぎがにょろにょろ、海老がピチピチ。
そりゃあ良い素材なわけだ。

そして、お土産はどうなったかと言うと。。。
食事中には荷物が届くはずもなく、食後アシュペを跡にしてサンセバスチャンに移動。
2日後くらいにアシュペのホテルから電話がかかってきた。
『あんた携帯電話忘れてまへんか?』
へっ?ワシ、ちゃうでー、ってことで同行者の皆さんに聞いてまわっても誰も違うし、、、
誰やろ、何かの間違いちゃうんと思った瞬間!!
犯人、ワシでした(笑)
いやあ、、、海外仕様じゃないんですっかり自分はシロと思いこんでまして、、、でもそういやあ
着いた夜にちょこっとメールアドレス調べたなあ。。。と思い出しましたとさ。
こうなれば、サンセバからビルバオに戻るときに携帯をピックアップするついでに、お土産渡せるやん!!
神様がそう仰ってくださってるではないか!
ちゅうわけで、渡して来ました。
お店休みなのに来てくれました、レノックス!!
仕込んでたのは、クリュッグの箱に入れたヘルメスソース(笑)
e0069902_9473730.jpg

それと、去年のエチェバリ、なかひがしでの写真をアルバムにしたもの。
連れに預かったお土産。

うるるんでしたよ。。。

料理ももちろん好きだけど、人も好き。
エチェバリに限らず、こう思える人たちの料理を食べて行きたいと強く思った。

e0069902_9471370.jpg


また、必ず来ます。

Merci mille fois!! Victor et Lennox.
[PR]
by lamplus | 2009-05-07 08:17 | ETXEBARRI


http://lambroisieplus.wordpress.com/


by lamplus

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
フランスのレストラン目次
2005らんぶろ読者大賞
Musique
らんぶろ雑記
3ETOILES
ラ・ギャロワーズ
トォルトゥーガ
豪火
千成寿司
弘屋
トゥー・ル・モンド
なかひがし 2006
しき浪
蕎麦
天笑
ヴァリエ
ヴレ・ド・ヴレ
千ひろ
甘いもん
アバッキオ
サクラ 
一碗水 2007,2006
Bistro à Vin DAIGAKU
hôtel de Yoshino
PONTE VECCHIO
凡愚
エッソンス・エ・グー
AIDA
ピリエ
空心
山の上ホテル 天ぷら
與兵衛
かんだ やぶそば
コート・ドール
あら輝
Fujiya 1935
たかま
プチレストラン ないとう
Le Meurice
L'Ambroisie
LA FERRANDAISE
らんぶろ雑記 パリ

pain de sucre
Pierre Emile
Les Ambassadeurs  
Au Riad 27
MARCHE RASPAIL
Le Sucré-Coeur
太庵
Le Film
故宮
上賀茂 秋山
コラボ・ジェロ
天邑
Perouges
カスダール・クレメ
美山荘
Eric Briffard
はつだ
Convivialité
CIRO
今井
Evantail
チェレット来日ディナー
彩菜
大西亭
もりやま屋
オルフェ
KALUTARA
あやむ屋
尽誠
レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ
カンテサンス
料理屋 こだま
しみづ
蔦屋
Patisserie Ryoco
カシミール
wasabi
なかじん
き川 法善寺横町
桜会
洋食 Fujiya
日出鮨
なにわや
Arpege
らんぶろ雑記 2007
Michel Rostang
L'As du Fallafel
Auberge de l'Ile
Le Nord
Jean-Paul Hévin
Michel Del Burgo
LADUREE
藤久
和久傳 弁当
なかひがし 2007
ガニェ・パン
オステリア・オ・ジラソーレ
restaurant Mitsuyama
ルール・ブルー
ワイン
L'API
鮨ろく
ALBALONGA
Cros-Parantoux
Hiramatsu Paris
あい田
Le Comptoir
L' Angle du Faubourg
Pho 14
Maisons de Bricourt
Chez L'Ami Jean
Les Deux Magots
室町 和久傳
CANOVIANO ANNEX
このは
CHIMERA
別館牡丹園 EST店
玄斎
洋食 Katsui
エテルニテ
AUX BACCHANALES
そっ啄 つか本
Côte des Blancs
kamoshiya kusumoto
Le Pont de Ciel
コッコラーレ ウェスティン淡路
TéTé
鮨かねさか
PIERRE GAGNAIRE
LAUBURU
御田町 桃の木
Le Caneton
quai montebello
懐食 清水
Maison de Gill
besançon
BOCCIO
2007らんぶろ読者大賞
福臨門
なかひがし 2008
らんぶろ雑記 2008
ラ・バッロッタ
祇園 さヽ木 
一碗水 2008
日本酒
讃州 SANSHU
老饕(ラオタオ)
皐月庵
小豆家 うさぎ亭
四川
Le Chateaubriand
Chez Michel
2008フラスペ雑記
Mugaritz
Bar Nagusia Lau
Bar Jatexea Taberna
Bar A Fuego Negro
Hajime
Bar Bergara
Bar Egosari
Bar Casa Tiburcio
Akelare
Bar La Vina
Bar Mugi
Bar Bitoque
ETXEBARRI
Michel Bras Laguiole
Gilles Verot
嘉瑞
泡道場
Le Bois
Metzgerei Kusuda
Wine shop FUJIMARU
天繁
Patous
お気に入りの居酒屋
桜蘭
ながほり
うずら屋
洋々閣 唐津
つく田 唐津
万魚 福岡
ゴヤクラ
ビストロ会
御影 ジュエンヌ
Nadja
グリル マルヨシ
BEAU PAYSAGE
Restaurant DIVA
朋友 雑穀食府
akordu
2008らんぶろ読者大賞
うまい屋
仙人小屋
XIV蓼科
菊寿し
味酒 かむなび
accueillir
Barbès
ポモドーロ・フレスカ
ブロードハースト
なかひがし 2009
シェ・ワダ リヴ・ゴーシュ
一碗水 2009
カドヤ食堂
ル・コントワー・ド・ブノワ
らんぶろ雑記 2009
Boulangerie TAKAGI
守破離
Le Nœud papillon
はり重
tre lumache
2009フラスペ雑記
Martin Berasategui
Bar GANBARA
Bar Martinez
la Regalade  
Beurre Noisette
Repaire de Cartouche
Passage 53
Sa.Qua.Na
Mitsuru KONISHI
Visit Champagne
La Briqueterie
ひらやま
羽山料理店
鮨 水谷
雷門 初小川
楽亭
一即夛
コロンビア8
souple
ミシュラン京都・大阪
祇園 川上
辛激屋
lumiere
ヴィネリア・リンコントロ
文目堂
鮨 まつもと
なかひがし 2010
らんぶろ雑記 2010
香桃
一碗水 2010
味吉兆 大丸心斎橋店
2010 コペパリ雑記
noma
Itinéraires
Hugo Desnoyer
Brasserie Café ONZE
Jacques Genin
なにわ翁
La Cime
Unisson des Coeurs
ローザネーラ
とりや、圓
じき 宮ざわ
本湖月
Rendez-Vous des amis
da Lupo 322
Ca Sento
ジェロボアム
溢彩流香
Taillevent
kotikaze
らんぶろ雑記2011
GG FARM
一碗水 2011
マツケン食堂
ほうば
なかひがし 2011
Nuda
2011 フラ雑記
Au Bon Manger
Jean-François Piège
La Fleur
イタリア地方料理研究会
LE CHAT NOIR
鮨 まつ本 苦楽園
大渡
なにわ翁
らんぶろ雑記 2012
宝石
一碗水 2012
なかひがし 2012
柏屋 嘉翆庵
豚玉
agapé substance
Les Crayères
LA TABLE D'AKI
フラ雑記 2012
Akrame
祇園 にしかわ
菱岩
パセミヤ
LE BON MARCHE
DAIGAKU(N)
らぁ麺 Cliff
宮本
飯田
お好み焼きプラック
SOMA
善道
カメキチ
青藍
ろあん松田
酒膳 ちろり
(食) ましか
山玄茶

以前の記事

2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月

フォロー中のブログ

L'Ambroisieの日記
L'ambroisieの写真館

N'ayez pas peur,

Version Française


+++記事や写真の転載は基本歓迎、臨機応変に対応致しますので鍵米などでご一報くださいまし+++



悪意のコメントは消します。
相手するの面倒なので。
あしからず。


twitter



忍者ツールズ



検索

タグ

(2)
(1)

その他のジャンル

アクセス解析

システムソフトウェア

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧