「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ランブロワジー

やはり最後の〆はココです(笑)。

今日は初めて二つ目の食堂に通されました。
更に奥にもサルは有るようで、日本人かと思ったら台湾人の団体様が入ら
れて行きました。個室かな??

アミューズは、フォアグラやったっけ?のヴルーテ、上にトリュフと栗のシャンティ
e0069902_21181616.jpg

このシャンティがバカ馬。
熱いのと冷たいのとが交互に押し寄せる。

前菜は久しぶりにゴマエビカレー。
Feuillantine de queues de langoustine aux graines de sesame,sauce curry
e0069902_2115884.jpg

海老のプリップリ感は相変わらず素晴らしい!ラングスティーヌは身が脆く、
日本でよく見かける冷凍物はどうしても身に締まりが無いものが多い。
なので、このプリップリ感はフレッシュでないと出来ないと思う。
日本でも静岡などでたまに獲れるそうで、ナリサワなんかで使われている。
もとい、今回はこのプリッとは良かったんだが、、、、
カレーソースの塩が強い(煮詰めすぎ?)のと、ホウレンソウの個性が強すぎた。
ホウレンソウ食べるとたまに歯がギシギシするやつあるじゃないですか??
あれにあたっちゃって。。。
この料理って、バランスが命だと思うのですが、今回はちょっとした事でそれが
もろくも崩れてしまい、以前に食べた神懸かり的な黄金比は感じなかった。。。
ま、たまにはこういうことも有りますわな。

メインはリ・ド・ヴォーに後ろ髪引かれつつ、鳩ポッポ。
Pigeon roti aux baies de genievre,endives graisees a l'orange
e0069902_21152538.jpg

セニャンでシルヴプレしましたら、ホンマにセニャンで来てビックリ(笑)
と言うのも、フランスでいつもセニャンで頼んでもロゼやんみたいなのが
多いのでいつもサバ読んで頼むんですけど、今回のはホントにレアで面食
らってしまった(笑)
で、このレアな感じがジャポネ的刺身の感覚も相まってじつに馬い!
e0069902_21154034.jpg

別皿のアンディーヴのキャラメリゼも絶品!

ワインは、いつものロデレールをボトルで。ランブロワジーで飲むロデレール
はいつもフレッシュで日本で飲むより軽やかで好き。そういやあ、裏ラベルは
見せてくれなかった。
白はまたまたボノームの91マコン。3回目だ。
ソムリエのおじさんは、こりゃ古すぎて変なワインだぞ、良いのか??と
いつもは言わない脅し付き。あーた、前のときはワシと一緒でヴィユヴィユ
だって喜んでオヤジギャグかましてたやん!
いや、でも今回のはあまり状態がよろしく無いようでバランス崩してました
ね。テイスティングでヤバイと思ったけど、こっちが選んだんだから文句言
おうもんなら逆ギレになりかねんし。。。すいません、ご一緒してくださっ
た皆様方。。。だから申し訳なくて赤の選択は右隣のムッシューに振ったん
であります(笑)。この場を借りてお詫び申し上げます。。。
で、赤はフェヴレーの98NSG、たしか1級でしたが畑名までは憶えてな
いなあ。。。でもこれは美味しかったですね。メルシー、ムッシュー!

マダム達はデザートということでそれに合わせてムッシューが選んだのは
ボンヌゾー。色は濃いけど綺麗な酸で旨かったですなあ。
その後調子に乗って、葉巻まで頂きました。二時間くらい帰れそうにない
ぶっといのはご遠慮して小さめのを。パンシュって何?あーパンチかいな。
紫福。。。

ミニャルディーズも相変わらずの馬さ。
e0069902_21173856.jpg

ショコラは、某ショコラティエによるものだそうです。
これがあればデセール抜きでも満足できる。

サービスはいつも通り快調そのもの。
e0069902_21175359.jpg

おしとやかな語り口調のデーブ・スペクター似のパスカル、とても良い感じですね。
一つ難点は、以前にも書いたけどワイングラスだと思う。

前回、前々回あたりからランブロワジー燃え尽き症候群初期症状が出始めた
のですが、今回もしかり。。。
紛れもなく三つ星なレストランなのですが、もう一線を越えてしまったためか
全身を貫く感動は無くなったと実感。

でも、ココでの食事がやっぱり大好き。他では味わえない美味しさのツボがあるし、
楽しく食べて飲んで、色んなお喋りをして、それを邪魔することがない控えめだが
ソツのないサービス、空間もろもろ。第二ステージ、レストラン遊びが楽しめる
関係になってきたような、そんな気がした夜でした。

次も行くのか?もちろん!

【chanson de jour】
HAPPIER THAN THE MORNING SUN / DENZAL SINCLAIRE
アン・サリーもカバーしてたのも好きですが、コレも気怠い感じで良い。
[PR]
by lamplus | 2007-01-24 21:18 | L'Ambroisie | Comments(10)

ARPAGE ALAIN PASSARD

パリ郊外(ル・マン)に自家菜園まで作ってしまうほどの野菜への情熱大陸男(笑)
e0069902_19482825.jpg

素材と対話しながら優しく焼き上げる低温キュイッソンとは一体どんなお肉??
アルページュの見所はこの2点かなと行く前に想像していた。

3年前に一度予約だけ入れて行けなくってそれ以来何となくいつも気になって
はいたが、なぜか優先順位は高くなかった。
元旦ということで営業してるのかわからなかったけど、何となく予約のメールを
入れてみたら、あら取れちゃったラッキーみたいなノリだった。

CDG1に到着した夕刻はおそらく初めて経験するパリでの雨。やれやれと思った
が、疲れているヒマもなくサンジェルマンのおんぼろ宿に荷物を置いて、急いで
タクシーで向かった。もうその頃には雨もすっかり止んでました。そうボクはこう
見えても晴れ男なのであります(笑)。今回の旅行でも傘を差したのはほんの5分だ
けでした。出発前のヤフーのメテオ(天気予報)ではぜーんぶ雨マークだったのに!

21時半、既に店内は色んな国籍のグルマンで賑わっている。広くないサルなので
よけいに賑やかに感じる。席間も狭く、優雅とは言い難い。ボクは気にしないけど。

アペリティフは、ビルカールサルモンのブリュット。
日本のレストランでは全くと言っていいほど見かけないシャンパーニュであるが
フランスでは特に星付きレストランでオンリストされているところが多い。
ボトルで頼んだら、クープ用のマグナムが空いているのでそこから1ボトル分(クープ
6杯分)でどうかと言われ、ちょっと悩んで承諾。
飛行機の中は体調優れず初めて酒抜きだったので今年初酒。まあまあ美味しいけど
ここのはロゼのほうが断然良い出来だと思う。

ムニュは420ユーロ1本!!ユーロ高のおかげでもう一息で7万円に届きそうな
勢い。如何なものか。。。しかし、周りは皆コレを頼んでいるようだ。
だよな、三つ星レストランで値段気にするくらいなら来るなって言われそう(笑)
それにしても高いと思うが。。。
ボクらはパリに到着したばっかりでムニュを食べきる体調では無いという誰にも
聞かれていない言い訳を盾にアラカルトで。(あくまでボクの頭の中での話)
おつまみの野菜のタルトは普通に美味しい。
写真は撮ったけど、暗すぎダメダメ。。。

アミューズはスペシャリテの2品。
・L'oeuf a la coque
滑らか、底の黄身を混ぜたほうが美味しい。
メープルシロップ入りなので甘いのかと思いきや、そうでもない。

・Fines ravioles potageres 《le jardin en hiver》
consome de topinambour《rose》
野菜のラビオリとコンソメスープ。
ええダシ。ここまではまあまあ想定範囲内(笑)。

・Parfum de jardiniere 《Arlequin》
chou vert frise,carotte sanquine,radis《green meet》,topinambour《rose》
e0069902_1956159.jpg

いやあ参った。感動した。。。ナイナイ岡村よろしく『オイスィー!』を絶叫したかったくらい。
フレンチの野菜料理ではブラス・トーヤの『野菜のガルグイユ』以来の衝撃かも。
旨い、特に甘みがスバラシイ。
e0069902_19563516.jpg

ホントはこんなん(参考画像)

使われている野菜の名前が知りたくて、サービスのお姉さんに名前を書いてくれって
言ったつもりが、『J'ai mange une euhue de legumes!』と書いた紙をくれた(大笑)
アカンわ、ワシのフランス語(泣)
ま、早い話、ごっつう旨い蕪、ごっつう旨い人参、ごっつう旨い大根、ごっつう旨いビーツ
、ごっつう旨い縮緬キャベツなどなどでした(笑)
後日、マルシェで普通に売ってる黒大根と蕪を買って食べてみたが、本当に普通であった。
どう考えてもアルページュのようにはなり得ないと思った。

・Antic volaille du Haut-Main parfums des pres
e0069902_2015752.jpg

さて、肉の焼き加減はどうだろう。
大きな胸肉は、パサってしまっている。
これは本調子では無かったということにしておこう(笑)

ていうか、ていうか、ていうーーーか、ガルニの薫製じゃがいもにヤられた!!
ネチっとしたのとフュメと芋の甘さ、可笑しいくらい旨い!意味がわからん。
芋の食い過ぎでお腹一杯、キュイスは食べ残してしまった。。。
そして、ツレが食べていた鴨は素晴らしかった。
自慢の鳩が売り切れで鴨に変更でしたので、調理法は同じかと思いますが上にまぶして
ある黒いの(ドラジェ?)がやたら旨かった。

近所のテーブルにシャリオで登場してたショコラのミルフィーユがめっさ馬そでした。。。
けど、当然デセール入る隙間も無いのでカフェで〆。。。
このカフェがまたやたら旨かった。でも茶菓子かチョコくらい出して欲しかったなー。
いや、そんな贅沢言わんから、ほらそこのミルフィーユのプラトーに散らばってるカスで
ええからくれへんかなあとか妄想してました(笑)。

ワインリストは総じてパリ価格で高い。あんまりちゃんと見てませんけどね(笑)
手頃なところで、ジョスメイヤーの04ピノグリ le fromenteau1本にしときました。

正直なところ、野菜は日本でしょってタカをくくってたところもあってここまでヤられる
とは思ってなかった。
e0069902_2024643.jpg

コンセプトがしっかりとしているし、何よりここしか無いユニークなところも気に入った。
というわけで、今度パリに来ることがあればまた来たいレストラン。
いや、絶対行くんだろうなあ。

ところで、パリでの立ち読みにて、、、
ゴーミヨ2007、今年のシェフは『ジャン・フランソワ・ピエージュ』
やっぱ来ましたな。当然やね。
さ、どうするミシュラン???(笑)
ちなみにピュドロは『エレーヌ・ダローズ』でした。ふーん。

ランブロワジーは三つに昇格してました。
[PR]
by lamplus | 2007-01-09 18:56 | Arpege | Comments(10)


http://lambroisieplus.wordpress.com/


by lamplus

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
フランスのレストラン目次
2005らんぶろ読者大賞
Musique
らんぶろ雑記
3ETOILES
ラ・ギャロワーズ
トォルトゥーガ
豪火
千成寿司
弘屋
トゥー・ル・モンド
なかひがし 2006
しき浪
蕎麦
天笑
ヴァリエ
ヴレ・ド・ヴレ
千ひろ
甘いもん
アバッキオ
サクラ 
一碗水 2007,2006
Bistro à Vin DAIGAKU
hôtel de Yoshino
PONTE VECCHIO
凡愚
エッソンス・エ・グー
AIDA
ピリエ
空心
山の上ホテル 天ぷら
與兵衛
かんだ やぶそば
コート・ドール
あら輝
Fujiya 1935
たかま
プチレストラン ないとう
Le Meurice
L'Ambroisie
LA FERRANDAISE
らんぶろ雑記 パリ

pain de sucre
Pierre Emile
Les Ambassadeurs  
Au Riad 27
MARCHE RASPAIL
Le Sucré-Coeur
太庵
Le Film
故宮
上賀茂 秋山
コラボ・ジェロ
天邑
Perouges
カスダール・クレメ
美山荘
Eric Briffard
はつだ
Convivialité
CIRO
今井
Evantail
チェレット来日ディナー
彩菜
大西亭
もりやま屋
オルフェ
KALUTARA
あやむ屋
尽誠
レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ
カンテサンス
料理屋 こだま
しみづ
蔦屋
Patisserie Ryoco
カシミール
wasabi
なかじん
き川 法善寺横町
桜会
洋食 Fujiya
日出鮨
なにわや
Arpege
らんぶろ雑記 2007
Michel Rostang
L'As du Fallafel
Auberge de l'Ile
Le Nord
Jean-Paul Hévin
Michel Del Burgo
LADUREE
藤久
和久傳 弁当
なかひがし 2007
ガニェ・パン
オステリア・オ・ジラソーレ
restaurant Mitsuyama
ルール・ブルー
ワイン
L'API
鮨ろく
ALBALONGA
Cros-Parantoux
Hiramatsu Paris
あい田
Le Comptoir
L' Angle du Faubourg
Pho 14
Maisons de Bricourt
Chez L'Ami Jean
Les Deux Magots
室町 和久傳
CANOVIANO ANNEX
このは
CHIMERA
別館牡丹園 EST店
玄斎
洋食 Katsui
エテルニテ
AUX BACCHANALES
そっ啄 つか本
Côte des Blancs
kamoshiya kusumoto
Le Pont de Ciel
コッコラーレ ウェスティン淡路
TéTé
鮨かねさか
PIERRE GAGNAIRE
LAUBURU
御田町 桃の木
Le Caneton
quai montebello
懐食 清水
Maison de Gill
besançon
BOCCIO
2007らんぶろ読者大賞
福臨門
なかひがし 2008
らんぶろ雑記 2008
ラ・バッロッタ
祇園 さヽ木 
一碗水 2008
日本酒
讃州 SANSHU
老饕(ラオタオ)
皐月庵
小豆家 うさぎ亭
四川
Le Chateaubriand
Chez Michel
2008フラスペ雑記
Mugaritz
Bar Nagusia Lau
Bar Jatexea Taberna
Bar A Fuego Negro
Hajime
Bar Bergara
Bar Egosari
Bar Casa Tiburcio
Akelare
Bar La Vina
Bar Mugi
Bar Bitoque
ETXEBARRI
Michel Bras Laguiole
Gilles Verot
嘉瑞
泡道場
Le Bois
Metzgerei Kusuda
Wine shop FUJIMARU
天繁
Patous
お気に入りの居酒屋
桜蘭
ながほり
うずら屋
洋々閣 唐津
つく田 唐津
万魚 福岡
ゴヤクラ
ビストロ会
御影 ジュエンヌ
Nadja
グリル マルヨシ
BEAU PAYSAGE
Restaurant DIVA
朋友 雑穀食府
akordu
2008らんぶろ読者大賞
うまい屋
仙人小屋
XIV蓼科
菊寿し
味酒 かむなび
accueillir
Barbès
ポモドーロ・フレスカ
ブロードハースト
なかひがし 2009
シェ・ワダ リヴ・ゴーシュ
一碗水 2009
カドヤ食堂
ル・コントワー・ド・ブノワ
らんぶろ雑記 2009
Boulangerie TAKAGI
守破離
Le Nœud papillon
はり重
tre lumache
2009フラスペ雑記
Martin Berasategui
Bar GANBARA
Bar Martinez
la Regalade  
Beurre Noisette
Repaire de Cartouche
Passage 53
Sa.Qua.Na
Mitsuru KONISHI
Visit Champagne
La Briqueterie
ひらやま
羽山料理店
鮨 水谷
雷門 初小川
楽亭
一即夛
コロンビア8
souple
ミシュラン京都・大阪
祇園 川上
辛激屋
lumiere
ヴィネリア・リンコントロ
文目堂
鮨 まつもと
なかひがし 2010
らんぶろ雑記 2010
香桃
一碗水 2010
味吉兆 大丸心斎橋店
2010 コペパリ雑記
noma
Itinéraires
Hugo Desnoyer
Brasserie Café ONZE
Jacques Genin
なにわ翁
La Cime
Unisson des Coeurs
ローザネーラ
とりや、圓
じき 宮ざわ
本湖月
Rendez-Vous des amis
da Lupo 322
Ca Sento
ジェロボアム
溢彩流香
Taillevent
kotikaze
らんぶろ雑記2011
GG FARM
一碗水 2011
マツケン食堂
ほうば
なかひがし 2011
Nuda
2011 フラ雑記
Au Bon Manger
Jean-François Piège
La Fleur
イタリア地方料理研究会
LE CHAT NOIR
鮨 まつ本 苦楽園
大渡
なにわ翁
らんぶろ雑記 2012
宝石
一碗水 2012
なかひがし 2012
柏屋 嘉翆庵
豚玉
agapé substance
Les Crayères
LA TABLE D'AKI
フラ雑記 2012
Akrame
祇園 にしかわ
菱岩
パセミヤ
LE BON MARCHE
DAIGAKU(N)
らぁ麺 Cliff
宮本
飯田
お好み焼きプラック
SOMA
善道
カメキチ
青藍
ろあん松田
酒膳 ちろり
(食) ましか
山玄茶

以前の記事

2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月

お気に入りブログ

L'Ambroisieの日記
L'ambroisieの写真館

最新のコメント

「今見ると、古って思うけ..
by これは at 11:16
ひさしぶりに見ました。 ..
by lamplus at 09:39
面白いので、拝見させても..
by 佐伯 英佑 at 21:01
初めまして、ジュース!と..
by ジュース! at 13:11
鍵米様、いつも有り難うご..
by lamplus at 23:38

N'ayez pas peur,

Version Française


+++記事や写真の転載は基本歓迎、臨機応変に対応致しますので鍵米などでご一報くださいまし+++



悪意のコメントは消します。
相手するの面倒なので。
あしからず。


twitter



忍者ツールズ



検索

タグ

(2)
(1)

人気ジャンル

アクセス解析

システムソフトウェア

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28