カテゴリ:大西亭( 5 )

大西亭 7月その3

今月3回目。

ニシンと何チーズ?
e0069902_1701584.jpg

いつもながらワインというか酒泥棒なアテです。
もう、この時点で術中にはまってます。


前菜盛り合わせ
マグロと温泉玉子、田舎風パテ、鴨とレンズ豆
e0069902_1702335.jpg

マグロはもうちょいアセゾネが欲しいところ。

パテ、しみじみ旨い!
これ食べてると幸せな気持ちになれます。
肉好きじゃないんだけど。。

鴨とレンズ豆のサラダは、意欲作。
パッションフルーツにカルダモン。
ハイブロウ。


あ、Sちゃんのガスパチョもかなり上位、ツボです。


仔ウサギのトマト煮込み
e0069902_1703289.jpg

猛暑でも、皿は熱いほうが断然良い!
容赦無し。

ウサギ自体は淡白なれど、このソースとジャガイモのピュレと一体、相まって成り立つ美味しさ。

イマドキはぬるいフレンチ、スパニッシュが多いですが、本能に訴えるのはこの温度やと思います。



何回も書きますが、これで1500+500円。
手抜き無し!
Voila!


サッポロ
ラングドックのシャルドネ
[PR]
by lamplus | 2012-08-04 17:25 | 大西亭

大西亭 7月その2


ソワレ。
5人で飲んで食って。


伊賀豚のリエット、ゴルゴンゾーラ
e0069902_848782.jpg

いつものいきなり胃袋を掴まれる一品。
一気に食欲着火。


本マグロのサラダ
e0069902_8482366.jpg

メインに重きを置きたかったので、前菜盛り合わせは苦渋の決断でパス。
しかし、そんな逃げな姿勢に容赦なくこの量。
圧巻。
そして、旨い。

半熟卵とかドツボですな。


e0069902_8483590.jpg

この眺め。
食べることの楽しさ。


豚と鮑のパイ包み
e0069902_8484493.jpg

パイLOVE!!につき狙いうち。

ちょっとパイの焼きが浅いか。。。

半分テイクアウトしました。
翌日、鮑カチカチでしたが極上のアテになった。


そして、大西亭レジェンド、伊賀豚のシェリービネガー煮込みが復活してました!
隣のマダムのを味見させてもらいましたが、ソースの構成力に感服。
なるほど納得、スペシャリテとはかくあるべき。



ガトー・ショコラ
e0069902_8485941.jpg

素朴でうまい。

みなさんに手伝ってもらいました(笑)

ワインは、シャンパーニュ、スパークリングをたらふく。


では、月末その3へ続く。


SONY DSC-W350
[PR]
by lamplus | 2012-07-14 09:01 | 大西亭

大西亭 7月その1

カマンベール・オゥ・カルヴァドス、チョリソー
e0069902_15202689.jpg

オトコっぽい。
酒が無いと成り立たない。

魚介のオムレツ、田舎風パテ、伊賀豚のスネ肉の自家製ハム
e0069902_15203964.jpg

オムレツのソースはどろソースがベースだそうで、イメージはホテルの洋食のソース。
コニャックが決め手。
アリです。

すね肉ハム、シャリュキュトリー顔負け、豚を熟知した技。
ゼラチンのコリコリが美味い。

パテも文句なし。この1枚で十分主菜になる。



カーン風トリップの煮込み
e0069902_1520556.jpg


サカナに逃げず、攻めの選択(笑)

皿来たとき、黒い丸いのが、えっ、肉のガルニと一瞬ビビりましたが長芋で安堵。
皿の熱さもいつも通り、この熱さが旨さに拍車をかけるのです。

めでたく完食!
そりゃもう前夜から調整してましたから(笑)

何回も書きますけど、2000円でこのCPは最強です。
手抜き無し。

デザート省略も潔い。

客層がこなれてるというか、食べる気満々な客が多い。
たまたま、50歳過ぎくらいの2人連れさんが二組居てはって、
二組共に夜のムニュから、『鮑のロースト』と『牛のロースト』を頼んではった。
鮑すごい、1個でも十分なボリュームなのに、二個って、、、どうかしてます(笑)
牛も言わずもがな。。。
昼でも夜のメニューが頼めます。

今週末も頑張ります!!
[PR]
by lamplus | 2012-07-03 19:13 | 大西亭

肉いー!

ほぼ毎日のようにHPのメニューをチェック。
こまめに更新されているのが嬉しいし、メニューを見てると食べたくなるんですよね。
最近、通い詰めている理由はこのせいでもあるだろうな。
他の店ももっとメニュー開示すれば、集客力アップに繋がると思うんですけどいかがでしょう?


アミューズ
豚頬肉とペコリーノ
e0069902_10412327.jpg

野菜を多めに盛ったりすると、これだけで立派な前菜になりますね。
ペコリーノってこんなに美味しかったっけ??ゴメン(ペコリーノ)←ノリ使っていいよ!


前菜はもちろん、盛り合わせです。
前菜の中に食べたいものがあればアレンジ可能です。

3種類、写真は分割で。

長崎産本まぐろのサラダ
e0069902_10413826.jpg


e0069902_10414889.jpg

本マグロですよ!!
しかも、明確な高品質の中トロ!



小海老とアボカドのリエット
e0069902_1042034.jpg

冬の牡蠣のほうが良いなあ。
しかし、このソースに温泉玉子は好物です!


丹波地鶏レバーのテリーヌ
e0069902_1042937.jpg

鶏レバーはスペシャリテ。
エアリーで軽いのも食べやすく香り高い。
ブリオッシュも相性良し。
ブラヴォー!

デーツは、、、初めて食べましたがあんまり好みじゃない。
みなさん、お好きって言ってましたが。。。



子羊の白ワイン煮込み
e0069902_10421981.jpg

マッチョな肉塊!
白いのを想像してたら違った(笑)
煮込みって良いよなあ、、、ある意味ワザが詰まっていると思う。
低温もたまには良いけど、しっかり火が入った旨さも絶対アリと思う。
それに、あたるのイヤやからヘタな料理人の生焼けは正直食べたくない。

タケノコと芋も美味しい。

練乳のアイス
e0069902_10422897.jpg

濃厚なれどスーッと入ります。


さっき、メニュー見たらまた食べたなってきた(笑)
タンのブレゼ!
[PR]
by lamplus | 2012-03-22 20:44 | 大西亭

もちろんビストロも好きです!

いっとき、ビストロはもうええかなと思ってた時期も有ったんですけど、大西亭移転後から復活してしまった。
だって、太っ腹、お昼1500円でっせ。
もちろん安いだけじゃない。
ボクのツボをグイグイ押してくれる旨さと、ここでしか味わえない料理。
シェフ、中途半端なことしはらへんのですよ。
美味しくない飾りだけのガルニなんて見たことない。
イモにしたって全部旨い、有る意味、要らんもん削ぎ落としてはる。
1500円でも手抜き無し。

この日は、癒し系美男美女に挟まれての楽しい昼食となりました。

アミューズ
コルシカのハム、猪のサラミ、シャウルス
e0069902_17312863.jpg

クセの強いサラミとか苦手なんですけどこらイケます!
コンフィチュールがとても良いアクセント。

一口で食えません(笑)
これだけで、ワイン1杯いけます。


前菜盛り合わせ(+500)
e0069902_173254100.jpg

鯖の冷製、真ん中の器はスープ注ぐ前、ルーアン鴨とフォアグラのテリーヌ
最強の前菜、いや前菜というかこれ一皿で終わっても良いです(笑)
鯖はピシッと酸が効いていて冷製というだけあって冷蔵庫の温度並みに冷たいのがまた旨いんだ。
テリーヌも上手。
メツゲライと双璧かもしれません。

菊芋のスープ
e0069902_1733569.jpg

potで出てきます。
菊芋の香りが良いし、意外と重くないのでおかわり三回(笑)


サワラのポワレ
e0069902_17331891.jpg

前菜でお腹一杯になるだろうと魚に逃げました(笑)
分厚ーー!
カリッとしっとりと。
何気ないジャガイモも旨いし、ラトタゥイユも旨ーい!
ソースも美味しいし、この皿だけで1500円でも何も文句言えません。



美女、こぶし大のアニョー完食!天晴れ!
美男、ジャガイモ食いきれず、、、リベンジだね。

あ、ワインも飲んでます。
e0069902_17333853.jpg

ムヌトゥーサロン
ソーヴィニオンブランです!と自己主張してます。

そのあと、カラフェでローヌ赤。
これも美味しかったな。

嬉しいことにお客さん全員がワイン飲んではるんですよね。
良い空気流れてます。
飛び込み数組断られてました。
休日は予約してから行ってくださいね!!

HP 大西亭
二日にいっぺんくらいメニューのチェックしてます(笑)
[PR]
by lamplus | 2012-01-29 18:09 | 大西亭


http://lambroisieplus.wordpress.com/


by lamplus

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
フランスのレストラン目次
2005らんぶろ読者大賞
Musique
らんぶろ雑記
3ETOILES
ラ・ギャロワーズ
トォルトゥーガ
豪火
千成寿司
弘屋
トゥー・ル・モンド
なかひがし 2006
しき浪
蕎麦
天笑
ヴァリエ
ヴレ・ド・ヴレ
千ひろ
甘いもん
アバッキオ
サクラ 
一碗水 2007,2006
Bistro à Vin DAIGAKU
hôtel de Yoshino
PONTE VECCHIO
凡愚
エッソンス・エ・グー
AIDA
ピリエ
空心
山の上ホテル 天ぷら
與兵衛
かんだ やぶそば
コート・ドール
あら輝
Fujiya 1935
たかま
プチレストラン ないとう
Le Meurice
L'Ambroisie
LA FERRANDAISE
らんぶろ雑記 パリ

pain de sucre
Pierre Emile
Les Ambassadeurs  
Au Riad 27
MARCHE RASPAIL
Le Sucré-Coeur
太庵
Le Film
故宮
上賀茂 秋山
コラボ・ジェロ
天邑
Perouges
カスダール・クレメ
美山荘
Eric Briffard
はつだ
Convivialité
CIRO
今井
Evantail
チェレット来日ディナー
彩菜
大西亭
もりやま屋
オルフェ
KALUTARA
あやむ屋
尽誠
レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ
カンテサンス
料理屋 こだま
しみづ
蔦屋
Patisserie Ryoco
カシミール
wasabi
なかじん
き川 法善寺横町
桜会
洋食 Fujiya
日出鮨
なにわや
Arpege
らんぶろ雑記 2007
Michel Rostang
L'As du Fallafel
Auberge de l'Ile
Le Nord
Jean-Paul Hévin
Michel Del Burgo
LADUREE
藤久
和久傳 弁当
なかひがし 2007
ガニェ・パン
オステリア・オ・ジラソーレ
restaurant Mitsuyama
ルール・ブルー
ワイン
L'API
鮨ろく
ALBALONGA
Cros-Parantoux
Hiramatsu Paris
あい田
Le Comptoir
L' Angle du Faubourg
Pho 14
Maisons de Bricourt
Chez L'Ami Jean
Les Deux Magots
室町 和久傳
CANOVIANO ANNEX
このは
CHIMERA
別館牡丹園 EST店
玄斎
洋食 Katsui
エテルニテ
AUX BACCHANALES
そっ啄 つか本
Côte des Blancs
kamoshiya kusumoto
Le Pont de Ciel
コッコラーレ ウェスティン淡路
TéTé
鮨かねさか
PIERRE GAGNAIRE
LAUBURU
御田町 桃の木
Le Caneton
quai montebello
懐食 清水
Maison de Gill
besançon
BOCCIO
2007らんぶろ読者大賞
福臨門
なかひがし 2008
らんぶろ雑記 2008
ラ・バッロッタ
祇園 さヽ木 
一碗水 2008
日本酒
讃州 SANSHU
老饕(ラオタオ)
皐月庵
小豆家 うさぎ亭
四川
Le Chateaubriand
Chez Michel
2008フラスペ雑記
Mugaritz
Bar Nagusia Lau
Bar Jatexea Taberna
Bar A Fuego Negro
Hajime
Bar Bergara
Bar Egosari
Bar Casa Tiburcio
Akelare
Bar La Vina
Bar Mugi
Bar Bitoque
ETXEBARRI
Michel Bras Laguiole
Gilles Verot
嘉瑞
泡道場
Le Bois
Metzgerei Kusuda
Wine shop FUJIMARU
天繁
Patous
お気に入りの居酒屋
桜蘭
ながほり
うずら屋
洋々閣 唐津
つく田 唐津
万魚 福岡
ゴヤクラ
ビストロ会
御影 ジュエンヌ
Nadja
グリル マルヨシ
BEAU PAYSAGE
Restaurant DIVA
朋友 雑穀食府
akordu
2008らんぶろ読者大賞
うまい屋
仙人小屋
XIV蓼科
菊寿し
味酒 かむなび
accueillir
Barbès
ポモドーロ・フレスカ
ブロードハースト
なかひがし 2009
シェ・ワダ リヴ・ゴーシュ
一碗水 2009
カドヤ食堂
ル・コントワー・ド・ブノワ
らんぶろ雑記 2009
Boulangerie TAKAGI
守破離
Le Nœud papillon
はり重
tre lumache
2009フラスペ雑記
Martin Berasategui
Bar GANBARA
Bar Martinez
la Regalade  
Beurre Noisette
Repaire de Cartouche
Passage 53
Sa.Qua.Na
Mitsuru KONISHI
Visit Champagne
La Briqueterie
ひらやま
羽山料理店
鮨 水谷
雷門 初小川
楽亭
一即夛
コロンビア8
souple
ミシュラン京都・大阪
祇園 川上
辛激屋
lumiere
ヴィネリア・リンコントロ
文目堂
鮨 まつもと
なかひがし 2010
らんぶろ雑記 2010
香桃
一碗水 2010
味吉兆 大丸心斎橋店
2010 コペパリ雑記
noma
Itinéraires
Hugo Desnoyer
Brasserie Café ONZE
Jacques Genin
なにわ翁
La Cime
Unisson des Coeurs
ローザネーラ
とりや、圓
じき 宮ざわ
本湖月
Rendez-Vous des amis
da Lupo 322
Ca Sento
ジェロボアム
溢彩流香
Taillevent
kotikaze
らんぶろ雑記2011
GG FARM
一碗水 2011
マツケン食堂
ほうば
なかひがし 2011
Nuda
2011 フラ雑記
Au Bon Manger
Jean-François Piège
La Fleur
イタリア地方料理研究会
LE CHAT NOIR
鮨 まつ本 苦楽園
大渡
なにわ翁
らんぶろ雑記 2012
宝石
一碗水 2012
なかひがし 2012
柏屋 嘉翆庵
豚玉
agapé substance
Les Crayères
LA TABLE D'AKI
フラ雑記 2012
Akrame
祇園 にしかわ
菱岩
パセミヤ
LE BON MARCHE
DAIGAKU(N)
らぁ麺 Cliff
宮本
飯田
お好み焼きプラック
SOMA
善道
カメキチ
青藍
ろあん松田
酒膳 ちろり
(食) ましか
山玄茶

以前の記事

2017年 07月
2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月

フォロー中のブログ

L'Ambroisieの日記
L'ambroisieの写真館

N'ayez pas peur,

Version Française


+++記事や写真の転載は基本歓迎、臨機応変に対応致しますので鍵米などでご一報くださいまし+++



悪意のコメントは消します。
相手するの面倒なので。
あしからず。


twitter



忍者ツールズ



検索

タグ

(8)
(5)
(3)
(1)
(1)

その他のジャンル

アクセス解析

システムソフトウェア

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30