レ・ザンバサドゥール 2006

今回の締めくくりは、前回気に入った「Les Ambassadeurs」
この前の感動は本物か??
土曜はランチコース無しの設定(予約後気付く。。。)なので、カルトで攻める。
アミューズは、この前と同様の構成。
e0069902_21173850.jpg

奥の壺の中は、ベットラヴのソーダ割り。
左から、エクルヴィスのジュに上はフォアグラの泡泡、プティ・ポワのコロッケ
生ハムのコルネ、トリュフバター。
相変わらずどれも秀逸。

・Araignee de mer/jus-condiment herbaces
e0069902_21175082.jpg

Araigneeって何?わからんのは喰ってみようとコレにする。
出てきたら蟹でした。ラッキー!
スープはテーブルで後がけ。
穴子の焼いたのみたいな魚が入ってましたがこれ何だったんだろ??
ダシの塩加減も良い。
別皿のは、イメージは寿司だそうです。これは日本人にはいかにもな発想なのです
が味のほうはなかなかどうしてイケてました。

・Volaille de Bresse/galette bretonne/foie gras/chou de printemps
e0069902_2118617.jpg

鳥インフルエンザで日本ではしばらくフランス産は食べられない取り合わせ。
(という意味で選んだ訳では無いですが)
フォアグラを胸肉で巻いていて、身はしっとり、フォアグラは半生で絶妙。
ガレットブルトンヌはどれ??表面のパリっとさせたとこかな??
お得意の別皿仕立てには、ヴェッシー(じゃない。サランラップの様な樹脂系だと
思う)に包んだみたいなフォアグラと鶏肉のポトフ。
e0069902_21183191.jpg
e0069902_21184086.jpg

しかもフォアグラ大量。。。気持ちは嬉しいがフォアグラは量が食べれないんで
ちょっと残してしまった。スープは絶品!

ワインも良かった。
ソムリエはボクの選択に少し何故かちょっとだけ難色示したんだけど、
面白そうなところで、コシュ・デュリの98ACブルがあったのでこれ1本で通す。
テイスティングの段階でただ者で無い風格。
程よくこなれて、今が飲み頃と言わんばかり。香りはナッツ類、ミュルソーらしい
グラなカンジとミネラル。ワイン単体でも美味しいし料理との相性も申し分無かった。
さすがコシュ・デュリ。

さてデセール。
その前に、いつものチョコバーとマカロンに苺を挟んだの。
e0069902_21185594.jpg

e0069902_2119647.jpg

・Comme un vacherin, fraise gariguette/basilic
e0069902_21191810.jpg

ヴァシュランというのに惹かれて。
割と普通め。。。どこがヴァシュランなのか良くわからなかった。。。

箱一杯に詰めたショコラも前回同様。
あとは茶菓子と甘いのんだけでも結構なヴォリューム。
e0069902_21193979.jpg


JFPの料理はやはり今のボクには160km直球ど真ん中だと再認識。
軽すぎず重すぎず、見た目はモードだけど、しっかりと良いダシを使ってクラシッ
クさとモードの良いとこ取りみたいなのが好き。
いや、理屈はどうあれ旨い!

唯一残念だったのは、アンフュージョンがシャリオで来てくれなかったことくらいか。

本屋で「Pudlot」のパリ版を買ったら、今年のパリのシェフにピエージュさん選ばれて
ました。祝!

それにしても客の入りは半分ほど。。。日本人も見かけず。
たまたまなのか、それとも人気無いんかなあ。。。
[PR]
by lamplus | 2006-05-18 21:16 | Les Ambassadeurs   | Comments(8)
Commented by raiuno at 2006-05-19 09:08 x
う~ん!うまそ~行きたいよ~
JFPとヤニック・アレノ、クリヨンvsムーリス
場所も近いだけに面白い争いですよね。
JFPの方が洗練さは上ですね。でもサービスはムーリスの方が断然上
のような気がしますが・・・どうでしょう?
前回私が行った時はディナーでしたが
満席でしたよ。多分、その週末は3連休だったから、パリジャンはどこかへプティバカンスへ行ったかも?
Commented by lamplus at 2006-05-20 09:03
raiunoさん、クリヨンvsムーリス。
このレベルまで来ると好みの問題でしょうね。
確かに、サービスはムーリスのほうがホスピタリティー度が高いと思います。
やはりあのメートルの存在は大きいですね。
ワインリストはムーリスはまじまじと見なかったですが、クリヨンのほうが
良いと思います。
シェフのイケメン度はヤニックの圧勝か(笑)
Commented by farafel at 2006-05-21 00:19 x
こんにちは!

来週、どこかに行きたいと思っているのですが、この記事を見ちゃうとクリヨンなのかなー。ひさびさに、こんな洗練されたところに行きたいと思わされました。

うーん、おいしそうです。
Commented by lamplus at 2006-05-22 19:54

farafelさんにクリヨンの意見を是非お聞きしたいところです。
週末何処のレストラン行くか悩むのがじつに楽しそうな環境です(笑)
羨ましい!
Commented by place at 2006-05-24 03:17 x
クラッシックとモードの良いとこ取り!賛成!!私も今回はちょいクラ(ちょっとクラッシック)をコンセプトにレストラン選びしました。
お皿が来たとき、一口目、??!というのも楽しいけれど、厨房のプラックの上にはどれほどのお鍋がかかってるのかと思いをはせ、口に運んだとたん、そんなことも忘れてただただ至福・・・というのが最高かと。
クリヨン思いつきませんでした。次回はトライしたいです。
Commented by lamplus at 2006-05-24 18:59
placeさん、ちょいクラって面白いですね(笑)
クラシックでもモードでも色んなスタイルのレストランが有って当たり
前で、そのほうが食べる方も選択肢が増えて楽しいですよね。
ホテルのレストランは歴史が有るし、長年のVIPな顧客も多いでしょうし
なかなか冒険もできないんでしょうけど。
placeさんが行かれたグラン・ヴェフェールはそこらへん如何でした?
雑誌とか見てると、皿によって使い分けしてるような印象ですが。
Commented by place at 2006-05-26 03:12 x
ヴェフール、おっしゃる通り。どちらでも選んでね。とささやかれてるような。とっても心地よさを感じました。挑戦的なお皿から、トレ・クラッシックなものまで。
ガニエールのように作り手も食べ手も全速力、集中!!みたいなのも、いいけど、「ほっとするお皿」が選べるのは、正直、うれしいです。
何せ、年に1度か2度のおのぼりですから、一皿でも「本場の味!(=理解しやすい味)」とうなりたい自分が(笑)
個人的には、今回はタイユバンが一番でした。
Commented by lamplus at 2006-05-26 20:11
placeさん、なるほど、ちょいクラよりトレクラのほうがお好み
なんですね(笑)
ガニエールは一度パリで食べてみたいと思ってます。
デザートが多いのがちょっとシンドイかもですが(笑)
タイユバンが一番でしたか。王道ですよね。


http://lambroisieplus.wordpress.com/


by lamplus

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
フランスのレストラン目次
2005らんぶろ読者大賞
Musique
らんぶろ雑記
3ETOILES
ラ・ギャロワーズ
トォルトゥーガ
豪火
千成寿司
弘屋
トゥー・ル・モンド
なかひがし 2006
しき浪
蕎麦
天笑
ヴァリエ
ヴレ・ド・ヴレ
千ひろ
甘いもん
アバッキオ
サクラ 
一碗水 2007,2006
Bistro à Vin DAIGAKU
hôtel de Yoshino
PONTE VECCHIO
凡愚
エッソンス・エ・グー
AIDA
ピリエ
空心
山の上ホテル 天ぷら
與兵衛
かんだ やぶそば
コート・ドール
あら輝
Fujiya 1935
たかま
プチレストラン ないとう
Le Meurice
L'Ambroisie
LA FERRANDAISE
らんぶろ雑記 パリ

pain de sucre
Pierre Emile
Les Ambassadeurs  
Au Riad 27
MARCHE RASPAIL
Le Sucré-Coeur
太庵
Le Film
故宮
上賀茂 秋山
コラボ・ジェロ
天邑
Perouges
カスダール・クレメ
美山荘
Eric Briffard
はつだ
Convivialité
CIRO
今井
Evantail
チェレット来日ディナー
彩菜
大西亭
もりやま屋
オルフェ
KALUTARA
あやむ屋
尽誠
レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ
カンテサンス
料理屋 こだま
しみづ
蔦屋
Patisserie Ryoco
カシミール
wasabi
なかじん
き川 法善寺横町
桜会
洋食 Fujiya
日出鮨
なにわや
Arpege
らんぶろ雑記 2007
Michel Rostang
L'As du Fallafel
Auberge de l'Ile
Le Nord
Jean-Paul Hévin
Michel Del Burgo
LADUREE
藤久
和久傳 弁当
なかひがし 2007
ガニェ・パン
オステリア・オ・ジラソーレ
restaurant Mitsuyama
ルール・ブルー
ワイン
L'API
鮨ろく
ALBALONGA
Cros-Parantoux
Hiramatsu Paris
あい田
Le Comptoir
L' Angle du Faubourg
Pho 14
Maisons de Bricourt
Chez L'Ami Jean
Les Deux Magots
室町 和久傳
CANOVIANO ANNEX
このは
CHIMERA
別館牡丹園 EST店
玄斎
洋食 Katsui
エテルニテ
AUX BACCHANALES
そっ啄 つか本
Côte des Blancs
kamoshiya kusumoto
Le Pont de Ciel
コッコラーレ ウェスティン淡路
TéTé
鮨かねさか
PIERRE GAGNAIRE
LAUBURU
御田町 桃の木
Le Caneton
quai montebello
懐食 清水
Maison de Gill
besançon
BOCCIO
2007らんぶろ読者大賞
福臨門
なかひがし 2008
らんぶろ雑記 2008
ラ・バッロッタ
祇園 さヽ木 
一碗水 2008
日本酒
讃州 SANSHU
老饕(ラオタオ)
皐月庵
小豆家 うさぎ亭
四川
Le Chateaubriand
Chez Michel
2008フラスペ雑記
Mugaritz
Bar Nagusia Lau
Bar Jatexea Taberna
Bar A Fuego Negro
Hajime
Bar Bergara
Bar Egosari
Bar Casa Tiburcio
Akelare
Bar La Vina
Bar Mugi
Bar Bitoque
ETXEBARRI
Michel Bras Laguiole
Gilles Verot
嘉瑞
泡道場
Le Bois
Metzgerei Kusuda
Wine shop FUJIMARU
天繁
Patous
お気に入りの居酒屋
桜蘭
ながほり
うずら屋
洋々閣 唐津
つく田 唐津
万魚 福岡
ゴヤクラ
ビストロ会
御影 ジュエンヌ
Nadja
グリル マルヨシ
BEAU PAYSAGE
Restaurant DIVA
朋友 雑穀食府
akordu
2008らんぶろ読者大賞
うまい屋
仙人小屋
XIV蓼科
菊寿し
味酒 かむなび
accueillir
Barbès
ポモドーロ・フレスカ
ブロードハースト
なかひがし 2009
シェ・ワダ リヴ・ゴーシュ
一碗水 2009
カドヤ食堂
ル・コントワー・ド・ブノワ
らんぶろ雑記 2009
Boulangerie TAKAGI
守破離
Le Nœud papillon
はり重
tre lumache
2009フラスペ雑記
Martin Berasategui
Bar GANBARA
Bar Martinez
la Regalade  
Beurre Noisette
Repaire de Cartouche
Passage 53
Sa.Qua.Na
Mitsuru KONISHI
Visit Champagne
La Briqueterie
ひらやま
羽山料理店
鮨 水谷
雷門 初小川
楽亭
一即夛
コロンビア8
souple
ミシュラン京都・大阪
祇園 川上
辛激屋
lumiere
ヴィネリア・リンコントロ
文目堂
鮨 まつもと
なかひがし 2010
らんぶろ雑記 2010
香桃
一碗水 2010
味吉兆 大丸心斎橋店
2010 コペパリ雑記
noma
Itinéraires
Hugo Desnoyer
Brasserie Café ONZE
Jacques Genin
なにわ翁
La Cime
Unisson des Coeurs
ローザネーラ
とりや、圓
じき 宮ざわ
本湖月
Rendez-Vous des amis
da Lupo 322
Ca Sento
ジェロボアム
溢彩流香
Taillevent
kotikaze
らんぶろ雑記2011
GG FARM
一碗水 2011
マツケン食堂
ほうば
なかひがし 2011
Nuda
2011 フラ雑記
Au Bon Manger
Jean-François Piège
La Fleur
イタリア地方料理研究会
LE CHAT NOIR
鮨 まつ本 苦楽園
大渡
なにわ翁
らんぶろ雑記 2012
宝石
一碗水 2012
なかひがし 2012
柏屋 嘉翆庵
豚玉
agapé substance
Les Crayères
LA TABLE D'AKI
フラ雑記 2012
Akrame
祇園 にしかわ
菱岩
パセミヤ
LE BON MARCHE
DAIGAKU(N)
らぁ麺 Cliff
宮本
飯田
お好み焼きプラック
SOMA
善道
カメキチ
青藍
ろあん松田
酒膳 ちろり
(食) ましか
山玄茶

以前の記事

2012年 12月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 09月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 02月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 02月

フォロー中のブログ

L'Ambroisieの日記
L'ambroisieの写真館

最新のコメント

「今見ると、古って思うけ..
by これは at 11:16
ひさしぶりに見ました。 ..
by lamplus at 09:39
面白いので、拝見させても..
by 佐伯 英佑 at 21:01
初めまして、ジュース!と..
by ジュース! at 13:11
鍵米様、いつも有り難うご..
by lamplus at 23:38

N'ayez pas peur,

Version Française


+++記事や写真の転載は基本歓迎、臨機応変に対応致しますので鍵米などでご一報くださいまし+++



悪意のコメントは消します。
相手するの面倒なので。
あしからず。


twitter



忍者ツールズ



検索

タグ

(2)
(1)

その他のジャンル

アクセス解析

システムソフトウェア

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31